時事ネタ

マイナス金利って俺達に関係ある??

mainas

1月末に日銀が導入を決定したマイナス金利。
歴史的な金融政策の転換だと話題になりましたが、その効果は今のところ目立っては現れていないようです。
民間の生活には直接影響がないという意見もあれば、いずれじわじわと影響が現れてくるという意見もあり、我々の生活への影響は未知数。

今後、マイナス金利はどのような形で我々の生活に影響を及ぼしてくるのでしょうか。

 マイナス金利とは

通常、銀行に預金をすれば利子がつきます。それは金利がプラスだからです。
これがマイナス金利となると、銀行に預金した場合、預けたこちら側が利子を支払わなければなりません。つまり、銀行に預けているとお金が減っていくのです。
ただ、マイナス金利が適用されるのは銀行が日銀に預けているお金のみです。民間の預金者が、ただちにマイナス金利を適用されるわけではありません。
各銀行から日銀の口座にお金を預けさせることで、日銀は世の中に出回るお金の量を調整しています。
今回のマイナス金利もその金融政策のひとつなのです。

では、マイナス金利になると世の中に出回るお金の量はどうなるのでしょうか。これは簡単な話です。
銀行は日銀にお金を預けているとマイナス金利で損をします。
そこで、日銀にはお金を預けずに民間の企業などにお金を回すようになるのです。結果、世の中に出回るお金の量は増加します。

このマイナス金利は、いま日銀が進めている大規模な金融緩和の一環なのです。

 マイナス金利によるメリット

マイナス金利によるメリットは、世の中に出回るお金の量が増えることです。
銀行は日銀に預けるはずだったお金の融資先を新たに見つけなければなりません。
これまでは見逃されていた優良企業の発掘が進み、そこに融資が行われることで経済が活性化、新たなイノベーションが生まれる可能性もあります。

また、銀行が資金を株式投資に回せば株価が上昇します。
株価が上がれば企業は増資による新たな資金調達もしやすいですから、潤沢な資金が企業に流れこむことになるでしょう。
もちろん、世の中に日本円が多く出回るため、為替も円安に進み、輸出系企業の業績も押し上げられるでしょう。
これらの好結果の出現には少し時間がかかると言われていますが、長期的にはかなり期待が持てるといってもよいでしょう。

 マイナス金利のデメリット

一方で、マイナス金利には大きなデメリットがあるとする意見もあります。
これまで銀行は日銀にお金を預けて利子を受け取っていました。その金額は全体で約250兆円。
金利は0.1%なので、1年で2100億円程度の利益が銀行業界に流れ込んでいると言われています。
安定運用が何より重要な銀行にとって、ノーリスクで得られるこの利益は何より重要のはず。
この利益が今後消えるのでは、という懸念から、マイナス金利導入後、銀行の株価は軒並み大幅下落しました。

しかし、この点にはひとつ注意しなければならない部分があります。実はマイナス金利が適用されるのは、先に述べた250兆円を超えた部分の預金のみです。
これまで得られていた年間2100億円の利益はそのまま残ります。従って、ただちに銀行の経営が危機に陥るということはありません。
ただ、これ以上のお金を日銀に預けても損をするだけなので、銀行は今後リスクをとって投資先を探さなければいけないということになります。
そういう意味ではマイナス金利にもデメリットはあるといえるでしょう。

 民間(我々)の生活への影響は?

さて、肝心なのは我々の生活への影響です。
まずは良い影響についてですが、真っ先に挙げられるのは住宅ローンの金利低下でしょう。
マイナス金利導入であらゆる市場金利が低下します。すでに住宅ローンの金利も下がり始めており、今後、住宅ローンの借り換えラッシュが起きるのでは、と言われています。
30年ローン、3000万程度のケースで言えば、5年経過した時点での借り換えとしてトータルで2、300万円の得になるという意見もあります。
住宅ローンをお持ちの方は借り換えを強く意識したほうがよいでしょう。

さらに、金融緩和による円安、株高は、株式投資を行っている方に大きな恩恵をもたらします。
こちらは金利の低下ほど急激には現れてこないものですが、長期的にはプラスにはたらくであろうというのが大勢の意見です。

 うまくいかなかった場合、最悪のケースも

ここまでは、マイナス金利の導入がそこそこうまくいったという前提でのお話です。
ただ、マイナス金利の負の部分が現れた最悪のケースも想定されています。
それは銀行の経営状況悪化によるものです。

銀行が今後、リスクをとって投資先を探すであろうことは先に述べました。
これによって銀行の経営が悪化した場合、そのしわ寄せは民間の我々がかぶることになります。
マイナス金利の適用は難しいにしても、数々の手数料の値上げ、無料ATMの廃止など、利用コストの増加が考えられます。
場合によっては、クレジットカードの年会費のように口座手数料を徴収されるかもしれません。こうなると実質的にマイナス金利が適用されているのと同じことになります。

実は、マイナス金利の導入によって、安全な投資先として国債に買いが集中した結果、国債の金利もマイナスになっています。
これまで日本国債は安定運用の柱のひとつだったのですが、これがなくなったことで銀行が受ける影響は少なくないと思われます。
銀行だけでなく、安定運用が求められる保険業界も国債の運用などで利益を上げていますから、今後保険会社の収支が悪化すると各種保険料の値上げが起きたりするかもしれません。

 まとめ

マイナス金利の導入が決まったからといって、ただちに我々の生活に良し悪しが生じるわけではありません。
ただ、今後の経済状況によってメリット、デメリットの双方が色濃く現れてくる可能性はあります。
我々がマイナス金利に対してすべきことは、ローンの借り換えなど利用できる部分は上手に利用しつつ、経済状況の推移を見守ることです。
そして、そのつど状況に応じて適切に振る舞っていくことが求められる世の中になっていくでしょう。

関連記事

  1. abenomixs アベノミクスは失敗した?
  2. tpp テレビで報道されないTPP問題
  3. 2025 『2025年問題』社会保障費がやばい!?今から資産形成は必要?
  4. a79b655de9e1f41f8e2b7652371bcfb1_s 知っておくべき日本の借金
  5. news_20160901232224-thumb-645xauto-93315 【W杯最終予選】日本代表 VS UAE代表  大誤審だけどさー
  6. スクリーンショット 2016-05-10 午後1.34.48 パナマ文書の詳細が5月10日に公表!日本はどうなる!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast

おすすめ記事

  1. Podcast第五十八回 椎木裕一朗の聞くだけで年収1000万
  2. Podcast第五十七回 椎木裕一朗の聞くだけで年収1000万
  3. Podcast第五十六回 椎木裕一朗の聞くだけで年収1000万
  4. Podcast第五十五回 椎木裕一朗の聞くだけで年収1000万
  5. Podcast第五十四回 椎木裕一朗の聞くだけで年収1000万
gacbanner

podboore botanao botangreen1
PAGE TOP