起業について

12310454_178810982465328_2813126533670700141_n

こんにちは、椎木です。

本日は、起業というものに対してなにか勘違いをしている人が多い気がするので、起業というワードについて書いていきたいと思います。

起業ってどんなの?ってところを簡単にお伝えしていきます。

 

 

 

起業ってどんなの?


 

 

まず、”起業”だとか”ビジネス”っていうワードに対して、大きな妄想を抱いてる人が多いですよね。

起業ってなるとなにか大きなことをしなきゃいけないとかいっぱいお金を稼がなきゃいけないって思いがちだけど、たった1円でも自分一人でお金を稼いだらそれはもう立派な起業であってビジネスしてるってことです。

ビジネスって極論、価値と価値の交換、つまりは需要と供給の関係が成り立てばいいだけの話なので、そんなに難しく考える必要なんてないんです。

みなさんの中にもヤフオクやメルカリでいらないものを売ったり、友達にいらないものを売ったりしたことがある人も多いと思います。

ようは知らない間に多くの人が一時的に起業を経験してるってことなんですよね。

起業に大きいも小さいもないんです。

そこにニーズがあればビジネスは成り立つってことを理解すると、マインドブロックが外れていくと思います。

ここ数年で、ネット上で物やサービスを提供するスタイルが今まで以上に加速化しているので、これからどんどん一見些細に感じるようなことがビジネスとして成り立っていくと思っています。

ネット上でサービスを受ける人や商品を購入する人が増えているから、僕が行っているビジネスも成り立つわけで、そのニーズはこれからどんどん増え続ける一方だと思っています。

なので、ソフトバンクやトヨタのような大企業や、なにか世の中を変えなければいけないということを意識し過ぎず、まずは固定概念を捨てて考えてみることをオススメします。

 

椎木

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。